にきび対策をして肌をきれいに

  • にきびは初期段階であれば潰しても良い

    • にきびは絶対に潰してはいけない、これは誰もが知る処置法で、潰してしまうと醜い跡になって残りやすくなってしまうので、肌はますます汚くなってしまいます。ただこれは、症状が進行してしまっている段階において言えることで、先端に白く皮脂詰まりを起こしているような初期段階であれば、この詰まりを取り除いてあげることで、にきびの進行を食い止めることも出来るので、元の綺麗な肌に戻せます。

      にきびと一口にいっても、症状によって進行度合いが違うので、前述したような毛穴に白いものが詰まっている段階、そしてその白い部分が空気に触れて酸化して、黒くなっている段階、ここまでであれば、専用の器具を使って正しく詰まりを取り除けば、跡を残すことなく治せます。



      それ以上進行して、大きく赤く地腫れしていたり、先端に黄色く膿を持っているような状態になっていると、これは皮膚科で医師の診察を受け、適切な処置を受けないと、醜い跡になって残ってしまいます。


      初期段階で気づいた場合には、詰まりを取り除き、進行を食い止めてあげましょう。

      OKWave情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

      専用の器具はアクネプッシャーといって、ドラッグストアやコスメショップなどで取り扱われています。それを綺麗に消毒して、先端の穴から詰まりの頭が見えるように配置し、ぐっとひと押しすれば詰まりが飛びだします。
      ピンセットなどで綺麗に取りだし、開いた毛穴は、化粧水で整え、保湿クリームで蓋をしておきましょう。



      ばい菌が入らないように、アフターケアもしっかりと行うことが大切です。